ウブドのほほん日記

バリ島のインターナショナルな田舎、ウブドで暮らしています。日々の生活の出来事をのほほんと綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな物がバリで?

もう2ヶ月も前の話になりますが、主人の実家のあるバリの北海岸のテジャクラに、親戚の結婚式のため、3泊で行って来ました。まだ赤ちゃんの娘を連れて行っていたので、儀式や披露宴のお手伝いは、私はほとんどできてなかったのですが、とりあえず顔を出すのに意義があると、ちょっと娘と顔を出し、それ以外の時間は子守りをしていました。

3日目にもなるといよいよ退屈してきて、何か楽しい事はないかな?と考えていると、そういえば昨年、主人と日本で一緒に行ったインドネシア料理屋さんで出会ったコックのコマンさんが、テジャクラから車で約30分ぐらい東のカランガッサムに帰ってると行ってたな...という事を思い出し、結婚式の手伝いの合間の主人に、行ってみようよと、なかば強制的に誘い出しました。

北海岸のカランガッサム県の村々は、暑くて乾燥していて農作物を育てるのは難しい所です。日本のように水道も来てる様な所はおそらく殆ど無く、しかし井戸を掘っても水が出ない。なので皆さん家に大きな水槽を作って、雨水を貯めて生活しているという、かなり厳しい環境です。

いきなり電話して遊びに行ったコマンさんの家は、海岸沿いの大きな通りから山の方に入って行きます。途中から、道なき道と言った感じの山道を、土ぼこりを立てながら、不安になりつつ、どんどん奥へ入って行きます。その山道の両脇には、見渡す限り、同じ木が生い茂っていて、赤い実をつけているのです。主人に「あの木は何?」って聞くと、「ジャンブー・メンテ」と言われるのですが、「何それ?」って聞くと、「皮は絞って油ができて、種は豆になるらしい(ナッツとして食べられる)」というのですが、ジャンブーっていう、瑞々しくって、さっぱりした味の赤い果物は知ってるのですが、それが油になったり、豆になったり、さっぱりとわからず「???」の私でした。

山道を登り詰め、そのジャンブー・メンテの木が生い茂るなかに着いたコマンさんの家。突然やって来た、手みやげさえも持って行くのを忘れていた客人の私達に、「ちょっと待っててね。」と、コマンさんのお父さんが山に消えて行きました。しばらくして、ココナツの実、パームやしの実、バナナなど、沢山手に持って帰って来て、私達をもてなしてくれました。ココナツの実は、穴をあけて、中のジュースを。パームやしの実は、私はそれまで食べた事がなかったのですが、中のクニュッとなった、ナタデココのようなゼリーの部分(写真を撮るのを忘れてしまいました)を,スプーンでほじくって食べる、なんともいえないやさしい味でした。

バリに住んで長い私も、まだまだ知らない物があるんだなと思いつつ、日本で5年間もコックさんとして働いていた日本語の堪能なコマンさんに「ところでジャンブー・メンテって一体何なんですか?」と、聞いてみたら、「あっ、あれね。カジューナッツだよ。」との事。「ええ~、バリでカシューナッツって採れるの~!?」。そしたら、コマンさんの家の周りってカジューナッツ畑だらけではないですか。「そうなんだよ。カシューナッツは収穫して高値で売れるんだよ。」って。という事で、コマンさんの日本語の説明では、赤い実がなって、その下のピョコッっと出ている種を取り、それの皮を剥いた中身がカシューナッツになるとの事。ちょうど帰り道に収穫しているおじさんがいたので、ちょっと車を停めて見せて頂きました。この時は、実際カシューナッツは食べられなかったのですが、次回はぜひ食べてみたいです。まだまだ知らない事だらけのバリです。


この赤い実の下に勾玉みたいな形をしたのをとります。

ジャンブー

収穫していたおじさん。赤い実から下の部分を外してます。

おじさん収穫


ちょっとイモ虫っぽい?これの皮を剥いて、皮を絞って油に。中身がカシューナッツだそうで、炒って食べるそうです。
むし

スポンサーサイト
  1. 2009/10/19(月) 21:00:30|
  2. 未分類

最近のウブド

またまた長い間、ブログをお休みしてしまいました。
7,8,9月の間は、日本から沢山のお客様がアスタリスク、トコ・ビードのお店に来て下さいました。
その中でも、何人かのお客様とお話しする機会がありましたが、約半数のお客様がリピーターでした。バリに来られるたびに、お店に寄って下さる方も多くて、お店を今まで続けてて良かったな~と、感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、前回のブログでは、ウブドの市場の前の道に深い穴が空いてしまったと書いていましたが、ここ2,3日の間にやっと修復が終わり、通常通りに通行出来る様になりました。この大きな穴のおかげで、7~9月のバリの観光のハイシーズン時期、ウブドはものすごい渋滞でした。これで渋滞も大分ましになりますね。良かった良かった。

ところで、最近はイメージダウンな悲しいニュースがあったりのバリですが、ウブドでは今、ちょっとしたニュースがあります。10月中旬から11月あたまにかけての予定という新聞記事は読んでいたのですが、とうとう始まりました。

実は、現在ジュリアロバーツとブラット・ピットがウブドで映画撮影中なんです。友達の旦那さんのまた友達が、この映画の撮影隊のスタッフになっているそうで、昨日はプンゴセカンで、今日はブントゥヨンという村で、撮影やってるよという情報が入りました。

ブントゥヨン村の近くに住む人からの今朝の情報では、道が厳重に閉鎖されてて、関係者以外立ち入り禁止。ここの村に田んぼがある人さえも、自分の田んぼに行かせてもらえないかわりにお金をもらったという話でしたが、ミーハー丸出しですが、しかしながら、すぐ近くでハリウッド映画の撮影をしてるのにこんな機会を見逃すのも惜しい!それに現物のブラピをぜひこの目で見たい!!と言う事で、ダメもとでも良いかと友人のNananのN子さんと一緒にウブドの中心から北に2~3kmのブントゥヨン村に行ってきました。

通常のウブドの王宮横から行く道はなかなか入りにくいんではないかと、私達はわざわざ隣村から遠回りしてめざせブントゥヨンですが、村に入るかなり手前ですでにパトカー数台、おまわりさん達が、警備中。しかしながら、実は友達の家に行くところと言うと、なんとかそこは通してくれました。でもその先もおまわりさん、村の警備の人が沢山で、撮影の現場の田んぼの中の家まであと約100メートルって所で、止められてしまい、残念ながら実物の二人は見る事はできませんでした。その家のテラスにちらほら、それらしい人物を遠目では見えたんですけどね。

映画のストーリー上では、そこはウブドに住むブラピの家という設定との事です。今後ジュリア・ロバーツがモンキーフォレストで自転車で一周する場面や、ウブドの市場に行く場面などの撮影があるそうです。ウブドのピースフルな、緑豊かな風景が、映画で世界の人に広がればいいなと思います。

ところで、この撮影現場のすごい事,すごい事。アメリカは空前の不景気と言いますが、ハリウッド映画って、想像以上のスケールです。撮影現場には写真に写っている様な大きなトラックがズラ~ッっと何十台も、衣装を乗せたトラックだけでも2台、その他、ホンマにそんなに使うんかい?と思う様な撮影機材が満載。どうやってそんなに沢山の荷物をアメリカから運んで来たんだろうと思います(飛行機何機分?)。

そしてスタッフの食事用でしょうか? 仮設テントでずら~っとテーブルと椅子が並べられ、各テーブルの上にはお花まで生けられてて、ケータリングの車が来てたりと、それはそれは大掛かりな撮影隊です。それだけのスタッフに支えられて撮影する俳優さんって、ある意味すごいプレッシャーですね。という事で、11月のあたままで、ウブド中をキョロキョロしながら歩く事になりそうです。

ちなみにこの映画の原作は、「Eat, Pray, Love」という、ジュリア・ロバーツ演じる主人公のアメリカ人女性が、自分探しの旅に出て、イタリアで食べて、インドで祈って、バリでブラッド・ピット演じる男性と恋におちるというストーリーだそうです。自分探しの旅でバリに来て、自分を見失っている人をちらほら見かけますが....

撮影

こんな大型トラックがずら~っと。オレンジのベストを来ているのは、村の警備員。警備もバリの民族衣装です。

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for EverythingEat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything
(2007/03/05)
Elizabeth Gilbert

商品詳細を見る

  1. 2009/10/17(土) 01:27:21|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。